今日は午前中,退職した前任者から引き継いだ事件の期日があり,それに出向きました。

弁論準備という,非公開の手続に入っていて,もう回数も7回を数え,訴訟継続してから半年以上経っている状況で,ボチボチ和解が進み出して,後もうちょっとで事件終了になるかな,という段階で引き継いだものです。

前の事件の法廷が押しているのでお待ちください,と書記官に言われて,5分程度待ったくらいで裁判官が戻ってきたので,そこから準備室に入って,さて,今日はどんな感じで切り出そうか,とあれこれ考えていました。


手続が始まり,裁判官が出廷した当事者の確認をした際,自分に向かっていきなりにこにこしながら,「テレビCMに出ている竹内弁護士ですよね,よく見かけます。」と言われました。

依頼者からは相談を受けている際に言われることがたまにあるし,弁護士同士の打合せの際にもそんなことがあるのですが,裁判所でそう指摘されたのは初めてだったので,え,それ?と思って,何と応えてよいか分からず,えぇ,まぁ,と苦笑いするしかありませんでした。

相手方代理人もつられて笑ってるし,なんなんや,これ,と出鼻をくじかれた思いになりつつ,気を取り直して手続を進めてきました。

比較的若い判事だったのと,もしかしたら時間が押したので気を遣っての発言だったのかもしれませんが,予期せぬつっこみに,仕事では普段なら少々のことでは動揺しないほうですが,ちょっとあたふたしてしまいました。

今年に入ってからテレビCMは打ち切っているので,この3か月ほどの間にテレビで見かけられたということはないはずなので,昨年末までの記憶に基づくものに違いありませんが,なんというか,こちらは普段目にしないから分からないけれど,色んな意味で周知されてるんやなぁ,としみじみ思った次第です。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪