今日は地元の区役所が主催する英語体験活動「Let’s enjoy English」,いろいろな国の人と楽しく英語を話しましょう,というのに長女を連れて参加してきました。

幼稚園のときから課外授業で英語をやってきたのですが,小学校に上がってからも英語が楽しい,というので,公文の英語に通わせています。たまたま学校の案内で今日のイベントの話を持ち帰ってきて,どうする,行ってみる?と聞いたところ,行きたい,というので行くことになったのでした。

11月27日(日)にも同じイベントがあり,そちらは英語で世界の遊びをやってみよう,という内容だったのですが,両方申し込んだところ,申し込み多数ということでどっちか選んでください,と連絡があり,時季的にクリスマスかな,と思って今日のほうにしたのでした。


当日になって,ふと気づいたのですが,案内のどこにも親子同伴で,というのがないので,これはもしかして子どもだけの参加で,親は参加できないのかな?と思ったのですが,受付で,「お父さんは見学されますか?」と聞かれ,長女がおってほしい,というので,見学することにしました。

英語のレベルごとに班分けということだったので,行ってみると大体同じくらいの年齢の子どもが10数人いる班に入りました。

見ていると,親子連れでみんな来るけれど,じゃあ,また後で,と親御さんがみんな帰って行って,1人残ってはったお父さんも時間になって引き揚げたので,気づいたら見学しているのは自分だけになってしまいました。

私語厳禁,撮影禁止でお願いします,と案内にあったけれど,私語をしようにも1人しかおらんし,私語をしようにも無理やし。

明らかにスタッフの人たちも,親が見学に来るのを想定してなかった風で,案内にあった用意してあるはずの席もなく,いいですか?と聞いて,端に置いてあった椅子を自分で持ってきて,端っこに座って2時間半,見学することになりました。

途中,長女に,お父さん帰ってもいいかな?と聞いたのですが,ツリー作ったのを見て欲しいとかなんとか言って,結局おってほしい,というのは変わらず,そのまま残ることに。

みんなで自己紹介から始まり,ちょっとしたミニゲームなどをして,英語を使って遊ぶというもので,最初は固かった子どもたちも,さすが大阪の子やな,という感じで,途中からかなり賑やかになって,わいわい楽しそうに遊んでいました。

残り1時間になってからツリー作りを始めたのですが,予想通り,ツリー作りに必要な英語を習ってから,という段取りだったので,時間が押してしまい,誰も完成させないままに,後は持って帰って好きな色を塗ってね,という展開で,お開きになったのでした。

帰りがけに本人に聞いたところ,かなり楽しかったようで,喜んでツリーを見せてくれました。

元々人見知りをしない子なので,いつものように周りの子やスタッフの人たちと普通にトークを交わして,仲よく楽しそうに英語を話していました。人見知りの両親から生まれたことはほんま思えん。

昨日の餅つき,今日の英語体験と疲れたと思いますが,帰宅してからちゃんと宿題や絵日記も仕上げて,機嫌良く寝ていました。

普段は習い事の関係であまり近所の友だちと遊ぶこともないので,こういう機会を見つけて色んな人と接するのはいいことだな,と改めて思った次第です。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪