味仙(あじせん)

え? 「みせん」じゃないの? そんな声が聞こえてきそうですが,味仙と書いて「みせん」と読むのは,名古屋で有名な台湾ラーメンのお店で,福山の味仙は「あじせん」と読みます。

パクりやん! しっ,言っちゃダメ。

いや,味仙(あじせん)がどう思ってこのネーミングにしたのかは聞いていないので,そもそもどちらが先かという話もあるし,何とも言えないところですが。


以前,福山に来たときに,たまたま見つけたお店で,ネーミングからしてパクりで大したことないんちゃうん?と思って入ったのですが,実は結構うまくて,地元でも人気のお店らしく,個人的には味仙(みせん)のあの辛いだけの台湾ラーメンよりよっぽど味わいがあってうまいな,と思って,いずれまた来たいな,と思っていたのでした。

台湾ラーメン定食と麻婆豆腐

予算とにらめっこしながらメニューをあれこれ見ていたのですが,実は台湾ラーメン定食が750円と安いのに気づき,ラーメン大盛り,ご飯大盛りにしても150円ほどのアップらしいので,メインはそれにして,どうしても食べたかった,これも前回食べた麻婆豆腐もお願いすることにしたのでした。

お腹いっぱい続きでなぜご飯も大盛りか,というところですが,これは麻婆丼にしようと企んでいたためです。麻婆豆腐単体でもうまいですが,やっぱり麻婆丼最高。

ちなみに,定食にはサラダがついています,と書いてありましたが,そのサラダに普通に唐揚げが2個載ってました。か,唐揚げサラダ? いや,これは嬉しいサプライズですね。完食できるのか心配になってきました。

台湾ラーメン大盛り

ちょっと分かりづらいですが,平たいラーメン鉢に入っています。見た目の色がもう辛いですね。

辛さは,普通,中辛,激辛と選べるそうで,結局激辛食ってないよなぁ,食いたいなぁ,と思いつつ,いや,おいしく食べられるのは中辛までではないか?と思ったりして,最初は台湾ラーメンは中辛にして,麻婆豆腐は激辛にするという,よく分からないオーダーをしたのですが,よくよく考えたら,結局麻婆豆腐の辛さで麻痺して味が分からんようになるではないか,と思い,どちらも中辛に変更したのでした。

麻婆豆腐

変更して正解でした。

台湾ラーメンのほうは,まだもうちょっと辛くてもいけるな,という感じでしたが,麻婆豆腐の中辛は,山椒が効いてるのもあって,同じ中辛とは思えない辛さで,汗と鼻水が止まらないほどでした。

麻婆丼

白飯をちょっと唐揚げといっしょに食べて減らし,麻婆豆腐を贅沢に載せてみました。

うまい,ご飯が全体的に食感のまろやかさを引き出していて,辛いのは辛いけど,とてもうまい。

最高でした。お腹パンパンになって,寝るまでお腹空かなかったけど。

同行のスタッフが食べていた天津飯,ちょっとお裾分けでいただきましたが,これも最高で,やっぱり自分で天津飯作れるようにしよう,とこないだの自宅で作った天津チャーハンの失敗を思い出して,心に誓った次第です。

今日が福山方面の出張の最後の夜だったのですが,今回の出張も毎日美味しいものが食べれて,本当によかったです。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪