真田山公園の花壇

今日は自宅の近くにある真田山公園を通り抜けて最寄り駅まで歩いてみました。

久しぶりにやってくると,公園の南側の入り口の辺りにある花壇がきれいに整えられていて,そのカラフルで明るい色合いを観て,あぁ,もうすっかり春やなぁ,と思いました。

コートを着ていると若干汗ばむ感じで暑いし,もうすぐコートも要らなくなりそうですね。


花筐(はながたみ)

こちらの花壇は有志の方々が作られているようで,自分自身,園芸が趣味で,今はマンション暮らしでベランダも狭いのでほとんど園芸はできずにいるのですが,枚方のときは戸建ての賃貸で狭いながらも花壇があったので,季節ごとにすてきな草花を買ってきては,自分で植えて楽しんでいました。

今年になって,世の多くの人が自分が本来どうあるべきか,ということに目覚めていく時代になる,とあちこちで言われていますが,自分自身,果たしてこの先弁護士の仕事を続けていくのかな,という気がしています。

ドキドキわくわくすることが本来の自分の使命である,というのであれば,実際のところ,そういうものはまだ見つけられていないように思います。

これまでは,自分が手に入れたものに固執してきたのが,それを手放すタイミングにあるという。

手放した先に,一体何が待ち受けているのかな,と楽しみにしているところです。

真田山公園の花壇のバラ

花壇の横には,新芽が出始めたバラが幾本も植えられていました。

真田山公園の花壇のバラ

近いうちにこのトゲだらけのごつごつしたバラの木に美しい薔薇の花が咲くんだと思うと,自分自身も近いうちに何かを咲かせるべく,今は心静かに準備をする時期なのかな,という気がします。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪