今日は先月の出張の代休を取って休みにして,午後から個人的に抱えている問題の件で,知人に相談に乗ってもらいに出かけてきました。

普段は弁護士として人から相談を受ける仕事をしていて,また,仕事を離れても何かと人から相談を受けることが多いのですが,これまで基本的に自分のことは自分で解決しよう,極力人に頼らずにいよう,と思っていた自分が今回相談に乗ってもらってみて,その効用というものを実感することができました。

最終的には自分で解決しないといけないわけですが,他人に相談することによって,その助力を得るかどうかの前に,自分が抱え込んでいることを解放することができるというのは大きな効用だと思います。


これまでは,自分1人で悩んでああでもないこうでもない,と色んな思いに至っていたのですが,思うところを気の置けない知人に全部吐露することによって,こんなにも心の中がすっきりするのか,と本当にその効用に感動しました。

今日は予報では雨と言われていたのがいいお天気だったのですが,空ってこんなにきれいなのか,といつもと同じような空を見上げて,そう感じました。

心につっかえがあると,周りの本来の様子も見えなくなっているんだな,という気がします。

明日は13回目の結婚記念日という節目で,今年は色んなものが解放されている年になると言われているし,また,特に3月20日の春分までの心のありようの変化が大きな意味を持つとも言われているので,この節目のときに,思い切って今までの自分ならやらなかった他人への相談というのをやってよかったな,と感じています。

これまで他人の相談を受けて,特に依頼に繋がらずに話だけで終わるような場合,果たして役に立てているのかな,という風にずっと思っていましたが,こうやって自分が相談をする立場に立ってみて初めて,話を聞いてもらえるだけでも,抱えている不安を解放できるという意味で大きな意義があるんだな,と分かって,本当によかったです。

今後,自分の普段の仕事でも,相談業務自体の効用をしっかり考慮しつつ,対応していきたい,と思います。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪