お昼に行った「清水魚市場 河岸の市」,ランチの予算的には厳しいところが多いのですが,ディナーの予算的には行けそうなところがあるので,夜も行ってみよう,ということになりました。

 お昼を食った後,お土産の釜揚げしらすや釜揚げ桜えびを試食して,これはなんちゅううまさや!と感激して家族にも食べてもらおうと送ったのですが,この釜揚げの桜えび,なんというか海老臭くなく,なんとも言えない甘みが口の中いっぱいに広がって,いつまで経っても余韻が消えない…

 試食させてくれたお店の人に,3回も4回もこれうまいですね〜,といかに自分が感激したかを伝えたのでした。うるさい客と思われたかも知れん♪


 さて,夜になり,仕事も終えて向かったところ,夜はやっぱり閉まってるところが多いのね。お土産屋さんの類は全部閉まってるし,食堂も3軒ほど開いてるだけ。

 お昼に行ったまぐろ館の2階にある「どんぶり処 丼兵衛」さんにお邪魔してきました。

 ええやつはやはり予算をはるかにオーバーしているわけですが,見ると,五色丼といって,今日の仕入れがいくつか上がっていて,そこから気に入った食材を選ぶ,というものがある。値段も1200円とお手頃です。

五色丼メニュー

 深海魚のあぶらぼうず,やはり外せないマグロの赤身と中トロ,それに桜えびがかなり気に入ったので,生桜えびと釜揚げ桜えびにしました。桜えびばっかりでもよかったくらい♪

 まぁ,ちょこっとずつかなぁ,と思っていたのですが,意外とボリュームがあってびっくりしました。

五色丼

 あぶらぼうず,大阪ではおなじみのクエの偽装とかで話題になったことがあったけど,こちらはかなり脂が乗っている感じで,表現が今ひとつですがねっとりしっとりした感じですね。甘くてうまいです。クエのあっさりとした味わいとは全然違うなぁ,という感じですね。

 食事をいただいていると,これサービスです,と今が時期の秋刀魚の炙ったやつ,その後,これもどうぞ,と金目鯛のお造りをいただきました。清水の人たち,なんていい人なんだ。

秋刀魚の炙り

 金目鯛刺身

 そうそう,静岡では当たり前だという黒はんぺんのフライもいただきました。

黒はんぺんのフライ

 よく行く京都の宮津辺りでもいわしのつみれなど練りものがあるんですけど,あちらのは骨ごとすりつぶした感じで荒々しいのに対し,静岡の黒はんぺんはきめ細やかでしっとりしてますね。似て非なるものです。いわしの生臭さも感じないし,あっさりしておいしい。

 ここに来ないと食べられないものばかりで,これはぜひ家族を連れてまた来たいなぁ,と心から思った,すてきな清水の夜でした。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪