深北緑地公園の夕陽

今日はいいお天気だったので,トイ・プードルのネルも連れてどこか公園に行こう,ということになり,そういえば,外環(外環状線)沿いに広い公園があったな,と思って,大東にある深北緑地公園というところに車で出かけました。

いいお天気の三連休の中日だったのでそれなりの人出でしたが,昼過ぎに出向いたのでそんなに激混みという感じでもなく,まぁまぁええ賑わいやな,という程度で子供たちは色んな遊具で遊び倒していました。何でも姉を真似する次女は,3才には無理かな,と思うようなのにどんどんチャレンジしてクリアしていました。

ネルは久しぶりの人混みでしばらくは慣れない感じでしたが,少ししたら落ち着いてきたみたいで,土手沿いや球場の周りなどを久しぶりにぐるっと回って散歩しました。


以前,大阪市内に住んでいたときは,近所のお寺の境内などに散歩によく連れて行っていたのですが,後で来て,今は里子に出していないトイ・プードルのピノ(ピーちゃんと呼んでいました)が来てからは性格がちょっと変わってしまい,それまでは自分を人間と思い込んでいた節があったのですが,それからは自分が弟を守ってやらないと,といった感じになって,散歩に連れて行くと道行く他の犬に吠えかかるようになってしまったんですね。

その後,枚方に引っ越して周りが草むらが多くて病気にかかるのも心配だったので,あまり散歩に出さずに室内オンリーになって,それからはほとんど散歩に連れ出すことがなくなっています。

ただ,個人的には,実家にいたときなどは飼っていた犬は散歩に連れて行くのが日課だったので,やっぱりたまには思い切り外を走らせてやりたいな,と思うんですね。

今日はいいお天気だったし,みんなで行こうよ,ということになったのでした。

日が暮れだした頃までしっかり遊び,散歩をしたので,娘たちもネルも大満足だったと思います。

帰りの駐車場で見た夕陽がとてもきれいでした。

露光の関係でふんわりとした球体になっていますが,やわらかい日差しに,あぁ,もうすぐ春やなぁ,と思いました。

今年の春分は色んな意味で節目となり,新たな展開に突入する,といったニュアンスのコメントがあちこちで見受けられますね。

今まで当たり前と思っていたことが当たり前でなくなり,今まで当たり前でなかったことが当たり前になる,とのことで,いかに古い価値観,考え方から脱却して,新しい価値観,考え方を備えるか,といったことがポイントになるそうです。

自分自身,年明けからここに至るまで,去年までとガラリと変わる生活面での変化に右往左往するときがありましたが,3月に入ってからは色んな意味で落ち着いてきて,なんというか吹っ切れた部分があるというか,動揺することが減ってきたな,と感じています。

明日の春分を過ぎて,自分がさらにどう変化していくのか,楽しみにしているところです。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪