津山ホルモンうどん

岡山からの帰り道,駅で新幹線を待つ間ぶらぶらしていたのですが,最初に津山ホルモンうどんのたれを発見して,これを使ったら家でもホルモンうどんができるかな,と思ったのでした。

 

とはいえ,やっぱりホルモンの用意も大変やし,家で作るのはちょっとどうかな,と思って視線を落とすと,これ一つで津山ホルモンうどんができますよ,というパックが置いてありました。

 

これはいいやないか,と思い,家族みんなで食べようと,ちょっと重たかったけれど,二箱買って帰ってきました。

 

帰宅したら,家内が早速食べよう,と言ったので,ホットプレートを出してきて,みんなが見ている前で作ることになりました。

 

津山ホルモンうどん

作り方はとても簡単で,たまねぎだけ用意しないといけないのですが,ちょうどいただいたばかりの新玉ねぎをぜいたくに使い,それを先ず炒めて,それが透明になってきたら,生麺のうどんをそのまま投入します。

 

そこに,すでに生しょうがで下味をつけた牛モツを汁ごと入れて,うどんを少しばらけさせた後,特製のホルモンうどんのたれを全部入れて,しっかりかき混ぜ,ある程度水気を飛ばしたら完成です。

 

津山ホルモンうどん

もつのしょうがが子供にどうかな,と思ったのですが,しょうがの辛さは全くなしです。

 

見た目が味が濃そうで辛そうに見えますが,味は濃いものの,決して辛くはなく,ほどよい甘辛さで子供もパクパク食べられる,そんな味わいの焼きうどんです。

 

津山に出張で行ったのはもうだいぶ前ですが,その時に,民家の真ん真ん中でやっているお店で遅い時間にいただいた鉄板焼きの津山ホルモンうどんが絶品で,これはいつか家族みんなに食べてもらいたいなぁ,と思っていたんですね。

 

ただ,津山って岡山駅から電車で1時間ちょっとかかるほどの距離があり,もちろん大阪から行くと相当な時間がかかって,しかも,普段津山に用事はまぁないので,あえて行くということがなかったんですね。

 

今回,たまたまお土産で津山ホルモンうどんを見つけて,家族においしいおいしいと言って食べてもらうことができて,今回岡山に出張に行けてよかったな,と思ったのでした。


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪