潜在意識の話(夢想と理想の違い)

潜在意識の話(努力逆転の法則)

 

1つ目のブログでは,「途中の結果に左右されず、決して諦めないことだけを誓う」ということが引き寄せのポイントだ,という話が書かれていて,2つ目のブログでは,「頑張れば頑張るほど、その努力とは反対になる」というエミール・クーエの法則が書かれています。

 

今日は日中に,たまたまちょっと指摘を受けることがあって,それに対してどう対処しようか,ということをあれこれ考えていて,家内にLINEで考えていることをつらつらと送ったのですが,帰宅してから,今のあんたは策に走って軸がぶれている,というような指摘を受けたのでした。

 

それがちょうど,今回引用したブログの内容と同じことだったので,これも引き寄せの一例やな,と思うとともに,家内のするどい洞察と指摘に,深く感謝しているところです。

 

家内曰く,あんたのように頭がいい人間は,あれこれ考えることができるけれど,どうしても策に走ってああでもないこうでもない,と右往左往してしまうところがある。

 

その全てがダメとは言わないけれど,結局,自分自身の軸がぶれているから,その時その時の現象に一喜一憂,右往左往してうまくいかなくなるんや,と言われました。

 

たしかにその通りだなぁ,と思いました。

 

以前に比べたらマシになったとはいえ,やっぱり突然の出来事に慌てるところがあり,どうしてもその場しのぎ(のつもりはありませんが)の対応策をあれこれ考えてしまう癖があります。

 

それが決していけないことだとは思いませんが,結局,自分自身の軸がぶれていると,単に行き当たりばったりの対処になってしまい,目指すところから大きく離れてしまう,ということなんだと思います。

 

必死の努力はマイナスの感情を生み,結果的にマイナスの結果を引き寄せてしまう。

 

途中の結果に一喜一憂せず,決めた目的の達成を決して諦めない。

 

往々にしてその逆をしてしまいがちですが,それではいけない,こうと決めたら,家内が言うところのバカになって愚直に邁進する,義務感でなく喜び,楽しみを持って日々やるべきことをやる,これが大事なんだと思います。

 

普段の生活で,嬉しいことや楽しいこともあると思いますが,同様に,悲しいことや辛いこともあると思います。

 

そういう日々の出来事,それに対する自分の感情で自分の軸がぶれないよう,自分が何を目指しているのか,たえずこれを意識して肩の力を抜いてやるべきことをやる,これが大事なんだな,と改めて思った次第です。


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪