今日から次女の幼稚園生活が始まりました。

登園時間が8時45分から9時の間という指定があり,自宅から歩いて5分くらいなので,8時40分には出たらいいかな,と考えています。

昨夜は,夜中におしっこで起きた後にしばらく起きていたのもあって,いつもなら7時半には起きている姉がごそごそするのを感じて起きる次女が,今日はなかなか起きない,というので,8時過ぎに無理矢理起こすことになりました。

機嫌が悪くなるかな,と思いきや,スキッと目覚めてくれたのでよかったです。ただ,起き抜けだったのでご飯はいらんと言い,結局りんごジュースを一口二口飲んだだけで出かけることになりました。

初日ということで,着替えがたくさん入った手提げバッグを持っていかなければならなかったのですが,他のお友だちがみんなお母さん(朝,見送りに来ていたのは自分以外全員お母さんでした)にもってもらっていたので,重いし,お父さんが持とうかと言ったのですが,次女は幼稚園の前に来るくらいまで頑なにそれを拒否して,自分で持って歩いていました。

さすが力持ち子さん。体が大きいだけでなく,体力もしっかりあるので,その辺はほんとたくましいな,と思います。

幼稚園に着いて,靴を履き替え,お手ふきタオルとコップが入った巾着を指定のいちごのマークが付いたフックにかけ,リュックと帽子を棚にしまって,連絡帳に出席シールを貼るのはお父さんが手伝って,後は教室の前にあるおままごとセットで,行く途中に一緒になった男の子と仲よく遊んでいました。

お父さんが帰るとなると泣いたりしないかな,と思いましたが,全くの杞憂で,じゃあお父さん帰るね,と言うと,「ばいば〜い」と言ってあっさり遊ぶのに戻っていました。

随分たくましくなったなぁ,と思うとともに,もうちょっと名残惜しそうにしてくれてもいいのにな,と思うのは父親の素直な気持ちです。

でも,幼稚園が楽しいところ,と思って通ってくれているようなので,そこは本当によかったな,と思っています。

よほどのことがない限り,毎日の登園は自分が同伴しようと考えているので,日々の生長の様子を見るのが楽しみです。


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪