栄屋食堂の飛騨ラーメンととろろ汁

やっぱり飛騨高山に来たら高山ラーメンは食べねばなるまい,ということで,今日のお昼は高山ラーメンにしました。

看板やメニューには「飛騨ラーメン」と表記されていましたが,高山ラーメンのことを飛騨ラーメンとも呼ぶそうです。ちなみに,地元の方はわざわざ高山ラーメンとは呼ばず,中華そばとか,単にそばとか言うそうです。まぁ,大阪で大阪たこ焼きと言わんのと同じやな。いや,他でも大阪たこ焼きなんて言わないだろうけど。

いわゆるしょうゆラーメンですが,他にも何か出汁を取っているものが入っているようで,醤油の角がなく,まろやかな風味で,ちょっと固茹でのちぢれ麺と合ってさっぱりとしてうまいです。


トッピングになめこが乗っていて,山菜ラーメンというのが別にありますが,ちょっと山菜の雰囲気を楽しめるのがいいですね。

それと,メニューにとろろ汁というのがあったので,てっきりとろ吸い(とろろのお吸い物で,すり下ろしたとろろに冷たい出汁を入れて,青のりを振って混ぜていただく,何とものどごしのいいお吸い物のことをいいます。)だと思い注文したのですが,出てきたとろろ汁のお椀を持ってびっくりしました。

火傷するんちゃうか,と思うくらいに熱い。犬舌(熱いものが平気なので,猫舌ではない,という意味で勝手にそう言ってるだけで,犬が熱いものが平気,というわけではありません。)なので少々の熱いものは平気で食べることができるのですが,これはぐつぐつと煮えたぎっているわけではないけれど,相当熱いので,ラーメンを食べた後にいただくことにしました。

ちょっと辛い目の醤油出汁にとろろを浮かしている,という感じですね。これはこれでおいしいな,と思いましたが,気分的には冷たくて喉ごしさっぱりなとろ吸いを食べたいと思っていたので,ちょっとギャップがあって残念でした。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪