昨日,嫁といっしょにリフレクソロジーで足のケアを受けてきた,という話を書きました。

 こまめに通うことができたら一番なんですけど,小さい子どもがいる我が家ではなかなかゆっくりと施術を受けにでかける機会を作るのが難しいし,そもそもしっかり施術を受けたらそれなりの値段がするので,そうそう頻繁に行けない,というのがあります。

 かといって,間を置いたら疲れはかなり溜まってしまうし,たまに施術を受けるだけではしっかり疲れが取りきれないってこともあると思います。そこで,施術に行けない合間に何か自分でケアをしておいたほうがいい,ということになると思います。


 そもそも出不精というか,まめに何かをするのがあまり得意でない我が家,それでなくてもついついこういう施術などなおざりしてしまいがちなので,結局疲れがどんどん溜まって,しんどいしんどいと言うてばかりになります。

 一人で行ってきたらいいで,と言ってやっても,子どもらおるし,そのために誰か人に預けるのも,と言うてるので,それはたしかにそうやなぁ,何か家でできることはないかなぁ,と思って色々と調べていたら,こんなものがありました。

オムロン フットマッサージャ ピンク HM-240-PK

 分かりやすくいうと,大きめの両足が入るスリッパみたいな感じの形で,足裏が当たるところにもみ玉とヒーターがついている,という極めてシンプルなフットマッサージャです。オムロンさんが作ってはるものです。

オムロン フットマッサージャ ピンク HM-240-PK

 お手頃価格やし,これなら毎日の空き時間にチャチャッとできていいな,というので,出張先で注文して,嫁に使ってもらおうと送ってもらうことにしました。

 で,いつものお約束で自分が真っ先に使ったのですが,26.5cmで足の幅が広い(靴だと3Eは欲しい,できれば4Eだとありがたい,という程度です。)自分の足だと,中にはしっかり収まるのですが,もみ玉を足の裏にまんべんなく当てようと思うと,かかとに当てるときは先まで足をぎゅっと突っ込まないといけないし,つま先だとかかとが外に出てしまう,といった感じになります。

 この辺りは,さほど足が大きくない女性なら問題ないのかな,という感じで,嫁もその辺りは特に問題視していませんでした。

 あと,強く揉んでもらいたい人にはちょっと物足りないかなぁ,という気はします。

 ちなみに,私,以前横浜中華街の横浜大世界の中でやってた中国式の足つぼマッサージを受けたときに,足の裏が相当ごつい,だから少々きつく押してもびくともしない,何か鍛えるようなことをしていたか?と聞かれたことがあって,そういえば中学3年まで剣道やってたなぁ,と思い,そのおかげで足裏が鍛えられた?のかな,というのがあります。

 そういう特殊?な足なので,ちょっと物足りないな,という気はしたのですが,ちょっと力をかけて足を押しつけてグリグリやったところ,翌日しっかりもみ返しで軽く痛みがあったので,全く効き目がない,というわけではないようです。

 まぁ,どの程度の力をかけたら気持ちいいかは人それぞれだし,そもそもギューギュー力を入れずとも,コリをほぐすのに必要な程度の力が加わればいいらしいので,そういう意味では十分満足のいくものなのかな,という印象です。

 個人的に気に入ってるのは,結構温かくなって,足がほかほかになるところですね。元々冷え性(自覚はないのですが,大抵そう言われます。)なので,たまに足湯をやるとものすごく気持ちがいいのですが,そこまではいかずとも,十分足を温めることができて,そういう意味ではすごく重宝しています。

 これをリフレクソロジーに通う合間にやっておけば,疲れがひどく溜まることもなくていいんじゃないかな,と思います。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪