旬のケチャップたっぷりの目玉焼き

先日,A seedさんから購入した旬のケチャップ,なかなかいただく機会がなかったのですが,今日はたまたま次女が晩ご飯に目玉焼きを食べようとしていたので,じゃあ,あのケチャップ出してみようか,ということで,かけてみることにしました。

元々ケチャップ好きの次女ですが,一口なめてみて相当おいしかったらしく,しばらく目玉焼きに載ったケチャップをスプーンですくってはねぶっていました。

これこれ,ケチャップだけねぶらない,そう思いながら自分もペロッとなめてみたのですが,ねぶる気持ちがよく分かりました。


ひと言で言うと,熟したトマトの延長でケチャップを作りました,という味わいですね。

市販のケチャップだと,トマトの味というより甘いのが先にくるような感じですが,これはしっかりと熟したトマトの味が感じられて,その後にほんのりとした甘みと,控えめな酸味が感じられる,という味わいでした。

これは新鮮な感じでおいしいですね。

今度,何につけて食べようかな,とあれこれ考えているところです。

ちゃんと作られたものはこういう味わいなんだな,というのがよく分かった逸品でした。

A seedさんの解説では,あえて甘みを抑えてあると書いてありますが,むしろこれくらいがちょうどいいかな,という気がします。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪