次女の幼稚園生活が始まってちょうど1週間,今日は保育参観があり,その前にPTA総会がありました。

家内と2人で次女を幼稚園に送っていった後,講堂に移って,先ず前年度のPTA役員から今年度のPTA役員への変更を決めるPTA総会が開かれました。

自分が子供の頃からPTAというのにはあまりなじみがなかったのですが,園児の園生活を支える大事な役目なんだろうな,と思います。その内,自分にも何らかの役割が与えられるかもなぁ,と思いました。

その後,園庭に移動し,全園児が園庭で遊具で遊んだり,走り回ったりする様子を参観しました。

次女は初め,片足を乗せて片足を蹴って進む二輪車に乗っていました。次に,誰かが置いていった三輪車に乗って走っていました。

春の陽気に誘われて出てきたか,隣に公園があるのもあり,草花が多いところなので,熊ん蜂が3匹ほどふんわりと空を飛んでいました。

それを見て,大騒ぎしている次女。砂場から大きめのプラスチックのシャベルを持ってきて,熊ん蜂を追い払おうとしていました。

たくましい人だ。

その後,プラスチックの小屋の中でお店屋さんごっこをしているところに連れて行かれ,お客さん役やお店屋さん役をしているうちに,気がつけば周りが園児だらけになりました。

「お父さん」とか「先生」とか呼ばれながら,カレーが出てきたり,サラダを作ってもらったり,味噌汁を入れてもらったり,デザートにプリンを出してもらったりと,至れり尽くせりの歓待を受けました。

元々そういうのが好きなので,いただきますと言って食べる素振りをしてごちそうさまでした,と言うと,どの子も満面の笑みで喜んでくれて,何度も何度も色んなものを持ってきてくれたのでした。

小さい子に合わせてかがんでいたので,正直なところ腰がやばいな,と思っていたのですが,楽しそうに遊んでいる小さい子を見ていると,やっぱり腰が痛いのなんて気にならなくなって,次の全員で体操をするのが始まるまで一緒に遊んでいました。

その後,次女が楽しくぴょんぴょんと跳ね回ってダンスをする様子を見て,その後,教室に戻って帰る用意をするのを教室の外で待っていました。

何人かはまだお母さんが恋しくておいおい泣いていたのですが,園長先生に,見えないところに移動してください,と言われて,ちょっと離れたところで待機していました。

しばらくしてもう大丈夫です,と言われて,教室に入り,どんな風に過ごしているのか説明を受けた後,連休明けに始まる給食のサンプルのパンをもらって,次女を連れて帰宅しました。

保育園のときは送っていくときは毎回号泣で置いてくるのが大変だったし,幼稚園はどうなるのかな,と思っていましたが,本人は相当楽しいようで,毎日楽しそうに通っています。

年少さんは20人で,その内,女の子が5人と少数のクラスですが,その分,和気藹々として仲よく過ごしてくれそうだな,と思っています。

これから3年間,楽しい幼稚園生活になるといいね。


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪