宮川朝市

高山市内に来たら,この宮川朝市と古い町並みは立ち寄りたいところですね。歩いても知れている範囲内にあるので,高山に来られる際は,ぜひ時間を取ってぶらぶらとしていただけたらな,と思います。

宮川朝市

二四三屋でおいしいみたらし団子をいただいて幸福感に包まれつつ,宮川を渡って宮川朝市に向かいました。

宮川朝市

朝市だけあって,町中はまだお店が閉まっていて静かだったのに,一転して観光客で大賑わいでした。


こじんまりとしているけれど,高い建物がなく,なんともいえない開放感が味わえるのはいつ来てもいいですね。何でも大型化してきた現代の日本で,このサイズはやっぱり日本人に合ってるのかなぁ,なんて思ったりしました。

宮川の鯉

相変わらず川もきれいに維持されていて,前にも増してたくさんの鯉が優雅に泳いでいました。

宮川朝市

こういう昔ながらの屋台がいくつも並んでいましたが,他方で,観光客向けのお洒落な感じの建物もいくつか新しく建てられているようでした。

宮川朝市

朝市の北の端を右手に曲がってすぐにある和菓子屋の福太郎もありました。家内と一緒に立ち寄って,おやつをいただいたのを覚えています。懐かしいな。2人ともまだ若かったので,少々てくてく歩いても元気でした。今はあんなに歩けないかもなぁ。

ようきてくれんさった 飛騨高山 宮川朝市

今回,出張で高山に行くことになったと家内に言ったら,私も行きたい,と何度も言ってました。お土産に朴歯味噌と赤カブの漬け物よろしくね,と言われたので,食事をしておいしいなと思った飛騨の味噌と,朴歯味噌,それに赤カブ,胡麻こくせん(こくせんは,ふと立ち寄った「谷松」というお店の店主の熱い思い入れに感激して,こちらで買いました。水飴ときなこに胡麻をたっぷり練り合わせた,見た目と違ってさっくりとした香ばしい和菓子です。)をお土産に買いました。

手づくり胡麻こくせんの専門店「谷松」

大阪からだと車で5時間はかかるのでなかなか大変なのですが,奥飛騨のほうにいけばいい温泉がたくさんあるし,自然に囲まれて本当に穏やかな気分で過ごせるいい町なので,また家族で来たいな,と思うし,お読みくださっているあなたにもぜひ足を運んでいただけたらな,と思う次第です。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪