杉丸謹製くずゆ

最近は夜中にあまり完食しないようになってきたのですが,それでも,夕食の時間や量などの関係で,夜中に,あぁ,ちょっとなんかお腹に入れたいなぁ,と思うときがありますよね。

そういうときにガッツリ何かを食べてしまうと,その時はお腹が満たされていいんですけど,寝るときになって胃がもたれていたりして,あまりいい気分じゃないし,寝ている間に消化活動があるので熟睡できずに,起きたときがちょっとしんどい,ということになってしまいますよね。

そういうときは,極力胃に負担をかけないような分量で,できるだけ消化によさそうなものをいただくのがいいかな,と思います。


特に,今みたいに寒い時期だと,あったかいものをいただいて,体を温めたい,というのもありますよね。

そういうときには,くず湯がいいんじゃないかな,と思います。

杉丸謹製くずゆ

くず湯も色んな種類が出ていますが,やっぱり一番シンプルな,片栗粉と本葛(ほんくず)と砂糖という内容の,あのほのかに甘くてとろりとした食感のくず湯が一番いいんじゃないかな,と思います。

ちょっと前に買ったこの杉丸物産のくず湯,内容は本当にシンプルです。

杉丸謹製くずゆ

材料は,砂糖,片栗粉(馬鈴薯澱粉)と本葛のみ,という極めてシンプルなものです。余計なものは一切入れていない,という感じですね。

お湯の分量は指定が140mlなのですが,それだと若干とろみが強すぎてドロッとしてしまうので,好みでお湯の量を200mlまで増やして,若干とろみを弱めて,トロリとした感じにしていただいています。

杉丸謹製くずゆ

参考までにパッケージの裏面をアップしておきます。

片栗粉のとろみを出すために熱湯を必ず使うという以外は,特に気にしなくていい作り方だと思います。本当に簡単ですね。

お腹にやさしいし,体が温まるし,砂糖の甘みでほどよく血糖値も上がって小腹もいい具合に満たされるので,ちょっと小腹が空いたときにぜひ飲んでみていただきたいな,と思います。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪