前回は,卵醤というものについて,自分で試してみた結果,体が元気になった,楽になった,ということを書かせていただきました。

 おさらいすると,材料としては有精卵(温めると雛が孵るもの)の卵黄1個と,天然醸造(2年とか3年とかかけて熟成した醤油)を卵黄と同量,これだけでいいということです。

 ここで誰もが思うこと,そんな醤油たっぷり摂ったら,塩分摂りすぎで体に悪いんじゃないの,血圧が上がったり,腎臓の機能に障害が出たりするよね,ということ。


 あくまで見聞きした情報ですが,どうやら塩分摂りすぎで言われる塩分は,正確には塩化ナトリウムのことのようで,市販の塩などで精製された塩がこれに当たり,こればっかり摂るとたしかに体に悪い,ということのようです。

 司法試験に合格した最後の年,試験が終わった後に一時的に血圧がグンと上がってしまったのですが,その時に色々と調べて,塩化ナトリウムの摂りすぎが悪い,カリウムを摂ってナトリウムを排出させるとか,そんな話があったのを思い出しました。

 で,この卵醤の場合,天然醸造の醤油を使うので,単に塩化ナトリウムのみならず,様々なミネラルが含まれていて,そういうのがバランスよく摂れるから,結果的に単に塩化ナトリウムだけを摂るような弊害は出ないらしい,ということのようです。

 きっと,ミネラル豊富だから,一見摂り過ぎと思われる塩化ナトリウムもスムースに排出されるんでしょうね。

 そういう風に見てくると,前回書かせていただいた,海水療法と本質は同じなのかなぁ,という風に感じられますね。要はミネラルをバランスよく摂るのが,結果的に体内の栄養バランスを整えて,元気にするんだろうな,と。

 素人の浅知恵なので間違っているかも知れないし,卵醤を摂取される場合は自己責任で,何らかの症状をお持ちの方はかかりつけの医者の見解を聞いてからにしていただきたいと思うのですが,あながち間違いではないのかな,という気はしています。

 何より,自分の体で試してみて,実際に元気になってるしなぁ,という経験をしているので,何らかの効果はあるんじゃないかな,と感じています。

 とりあえず今は,体が元気になった,というところまでですが,ほかにも,たとえば高めの血圧に効果があるのか,とか,たまに変な動悸がする心臓の調子はどうか,とか,しばらく様子を見てみたいと思います。


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪