先月の中小企業向けの債権回収をテーマとしたセミナーに引き続き,今回は,医療機関関係者向けに,未収医療費の回収をテーマに1時間の枠でお話させていただきました。

今年の9月28日にも医療機関関係者向けに同内容のセミナーをさせていただいたので,ある程度流れは把握できていたので,今回は自分なりに話のメリハリをつけて話をしてみました。

だいぶ余裕が出てきたので,聞き手の様子もある程度見渡せるようになり,一般的な内容だとやはり退屈そうにされる方がいるとか,ちょっといい話的な内容だと体が前に来て聞き入ってもらえるとか,どんな反応をされているか見ることができるようになってきました。


元々,こういう話を聞く場合でも,レジュメを読み上げるだけというのはどうかな,と思っていて,自分が話すときも極力レジュメを読み上げるだけというのはやめよう,という意識で話すようにしています。

事前にレジュメに,こんなことを加えて話してみようとか,こんな流れで話してみようとか,まとめを入れてみようとか書き込んでいるのですが,まだまだよどみなく話をするところまではいっていません。

場数を踏めば,ということもあると思いますが,まだまだ数少ない機会しか人前でお話したことがないので,自分なりにもっと工夫して,せっかく時間を割いて来られている方に,1つでも来てよかったと思えることをお伝えできたらな,と考えています。

そこまで至るにはどれくらいの時間がかかるか分かりませんが,今は1人でも大きくうなずいてくれたり,関心を持って聞いてくださる方がいれば,とりあえず合格点,と自分に言い聞かせて頑張っています。

セミナーの後,個別に相談を受ける時間を設けて待機していたのですが,2つの医療機関の担当者の方が来られて,普段使っている書類の内容についての改善点の相談や,未収医療費対策について具体的にどうしたらいいかといった相談など,結構掘り下げた内容の話を伺い,アドバイスする機会がありました。

大なり小なり,皆さん関心があってこそ来場されているわけで,実際にはどなたも困っているんだろうな,と改めて感じました。

来年もまた少なからず同様のお話をさせていただく機会があろうかと思いますが,お困りの方々に少しでも役立つ情報提供ができればな,と考えています。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪