ベトナムヘルシー料理 サイゴン

今日の出張先の近くにベトナム料理のお店がある,というので,お昼に伺ってきました。「ベトナムヘルシー料理サイゴン」というお店です。

ご主人は見るからに和食の料理人然とした感じで,奥さんがベトナムの方なのかなぁ,という印象でしたが,パッと見はベトナム料理に携わっているとは感じられない雰囲気でした。

ランチメニューで,ベトナムカレーというのがあり,タイカレーやインドネシアのカレーは食べたことがあるけれど,ベトナムのカレーってそういえば食べたことがないな,ということで,このベトナムカレーにチャレンジしてみました。


ベトナムカレーランチ

タイカレーとは全く違う感じですね。色合いとしてはオーソドックスなインドやスリランカのカレーに近いのかな。ルーはタマネギなのか,小麦粉なのか,印象としては小麦粉かな,という気がする。サラッとしたカレーですが,ほどよいとろみも感じられるカレーです。

店主にベトナムカレーの特色を聞いてみたのですが,寡黙な方なのか,ちょっと考えて,レモングラスが入っています…とだけ教えていただきました。マイルドでおいしいですよね,というと,ええ,と。情報入手失敗。

その後,ネットでちょっと調べてみましたが,ココナツミルクとさつまいもを入れるって書いてるのがありました。ココナツミルクは入ってるかもしれんな。マイルドな感じはこれから来ていると思います。さつまいもはどうなんだろう,具として入れるってことかなぁ。よく分かりません。食べた感じでは,ジャガイモじゃないかな,と思いました。

ベトナムカレー

写真のとおり,焦げ茶色でコクがあるのですが,さほどスパイスがきついという感じはせず,最初は物足りないくらいの辛さを感じないものでしたが,だいぶ遅れてから,感覚としては体の中から戻って来るような感じで,辛さがじんわり来ました。辛い〜と飛び上がるような感じではないので,上品な辛さでおいしくいただける,というところでしょうか。

とうがらしペースト

後で気づいた,とうがらしのちょっとペースト風にしたものを入れましたが,これも最初は酸味だけだったのが,しばらくしてから辛さに襲われました。ベトナムの辛さはタイムラグが大きめなのかな。

ランチでついて来た小鉢は,どう見ても和風でした。牡蠣とさといもを炊いたのが絶品でしたね。お正月に食べるようなやさしい煮物の味わいで,これはうまいな,と思いました。

大好きな冬瓜を炊いたのもあったし,ゴボウやれんこん,たけのこを炊いたものもおいしかったです。結構おなかいっぱいになりました。

image

最後はアイスのベトナムコーヒー。これまでベトナムコーヒーというと,ホットで,底にたっぷり練乳が入ったものをかき混ぜながら飲むというのしか経験がありませんでしたが,今回,ベトナムコーヒーをブラックで飲んでみて,深煎りの独特の風味に,これはコーヒーの酸味がかなり抑えられていて,コーヒーの酸味があまり好きではない自分にはぴったりだな,と思いました。今度からブラックで飲んでみよう。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪