信楽熟成ほうじ茶

甘くて辛いトマトカレーをいただいた後なので,口の中がさっぱりするようなお茶が飲みたいな,と思い,今日はこの「信楽熟成ほうじ茶」にしてみました。

濃厚な味わいの一番茶をじっくり寝かせて焙じた,ひと味違う風味の滋賀・信楽のほうじ茶。

ほうじ茶は意外と色と味が出ないので,普通ならちょっと茶葉を多めに入れて飲むことが多いのですが,今回はティーバッグなので,適量より少し多めのお湯で淹れてみました。


信楽熟成ほうじ茶

ほうじ茶らしからぬ,と書くと語弊がありますが,焙じた感がさほど強くない,ほうじ茶にありがちなちょっとした苦みがほとんど感じられない,とても淡い香ばしさが感じられるお茶ですね。

そんな感じなので,いわゆるほうじ茶とはちょっと違う,香ばしさのおかげで口の中がさっぱりするけれど,でも,それだけではない,ふんわりとした余韻を感じられるお茶に仕上がっています。

決してがぶがぶ飲むようなほうじ茶ではないな,と思いました。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪