昨日の次女のスイミングの昇級テストに引き続き,今日は長女のスイミングの昇級テストでした。

今日も自分自身,まだ本調子でないので,特に急ぎの用事もないので早退して,帰りがけに長女の昇級テストの様子を観に行ってきました。

さすがに1年近く通っているだけあって,最初は一番手前の小さい子がいるクラスに混じって水遊び程度だったのが,気がつけば息継ぎをしてクロールを25メートル普通に,というか,結構な速さで泳げるようになっていました。

元々,運動神経のいい家内の血を受け継いだかして,運動のセンスはいいほうですが,なかなかいいペースで泳いでいるのを観て,親馬鹿ですが,大したもんやな,と思いました。


練習中も,コーチから特にあれこれ言われることなく淡々と泳いでいる様子を観て,いい評価を得ているんだろうな,という感じがしました。

実際にテストが始まると,「竹内さんは25メートル頑張って!」とコーチに言われて,実際に泳ぎ切っていたので,体力もしっかりついてきてるんだな,と思いました。

昨日までは体調がよろしくありませんでしたが,今日はもうすっかり元気になっていたようで,もう心配要らないな,と思いました。

帰ってから,昨日言っていた,鼻水が喉に詰まって死ぬかも,という話の続きをして,ほれ,普通に朝起きれたし,何も問題なかったやろ?と話すと,まだやや不安げながらも,うん,と言っていました。

そういうネガティブなことを言ったり考えたりしていると,そういう現実を引き寄せてしまう,ということを伝えたいな,と思うのですが,まだまだ7歳で経験が少ない年ごろで,分かったようなことを理解してもらうのは難しいと思います。

焦らなくても,まだまだ色々とトライ&エラーで試行錯誤をする時期だし,変に怖じ気づいて何もしないより,失敗してもいいので元気よくなんでも挑戦して欲しいな,と思います。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪