ポン菓子

今日は家内が,義母と次女といっしょに,近所の四天王寺さんで2日に渡って開催されるお大師さんという,蚤の市や露店など,色んなお店がたくさん出るところに行ってきたそうです。

私も以前,何度かお大師さんに行ったことがありますが,広い境内にたくさんのお店が出ていて,ぶらぶら見て回るのが楽しかったのを覚えています。

色々と買い物を楽しんできたようですが,お土産があるねん,とポン菓子をたくさん机の上に並べてくれました。


ポン菓子

昭和44年生まれの自分には,ポン菓子といえば,小学校の近所にポン菓子を作る機会を載せた軽トラックがやってきて,おっちゃんが「ドカーン!」と豪快に音を立ててポン菓子を作ってくれて,それを買って帰って食べる,というのがとてもなじみのある風景です。

個人的には,バラの状態をカレースプーンですくって食べるのが好きですが,こんな感じで丸く固めたのを手に持ってかじりつくのも楽しくていいですね。

昔ながらのほんのりとした甘みと香ばしさが口の中いっぱいに広がって,あぁ,おいしいなぁ,と思いました。

私の好みをよく知っている嫁の気配りに嬉しくなった次第です。奥さま,ありがとう。

自分と食べ物の好みが似ている次女(私に似て芋類や豆類が大好き)は,ポン菓子も気に入ったようで,私にもたれかかりながら,しゃくしゃく言わせながら,ポン菓子にかぶりついていました。

湿気ないうちにおいしくいただこうと思います。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪