今日は昨日の運動会の代休ということで,前から約束していた「映画ハピネスチャージプリキュア! 人形の国のバレリーナ」をくずはモールのTOHOシネマズまで観に行ってきたのでした。

 今回は,一昨年に初めて長女を映画に連れて行って以来の嫁もいっしょの映画だったので,長女はことのほかうれしかった様子。

 嫁も,去年の暮れの出産後,初めての映画ということで楽しみにしていたようです。


 今回もいつもの通り,最初はよからぬ方向を向いていたものが最後は前向きに,という展開で分かりやすい内容で,小さい子に対する啓発という点でよくできた映画やなぁ,という感想を持ちました。

 今回は,普段次女にかかりっきりでなかなかしっかりと相手をしてやれない長女のために,今日は全て長女が主役やで,という設定の日だったので説教めいたことなど一切なしで映画を振り返ってあれこれ話すことはなかったのですが,個人的には,映画は誰かと一緒に観に行って,終わってから色々と感想を話すのが楽しいよなぁ,という風に思っています。

 アナ雪のときは長女と2人で観に行ったのですが,あれはあれで分かりやすい内容でミュージカルとしてよくできた映画だったと思います。

 まぁ,えてして娘の方がしっかり内容を覚えているもので,映画の内容について適当な返事をすると,「今でしょ!」の林先生のようなジェスチャーで間違いを指摘されるので,もう子どもやと思って適当な受け答えはできんなぁ,と思っているところです。

 プリキュアといえば,関連グッズが毎回新しいのが出て,うちの子は近所のイズミヤのおもちゃコーナーで流れているDVDを観て,その度にあれが欲しい,これが欲しい,となるのでした。

 その度に,そうやなぁ,それはお誕生日やなぁ,とか,サンタさんにお願いしたらええんちゃうか?とかわすわけですが,いざ誕生日やクリスマスの日が近づくと全然違うものが欲しい,という話になり,その内新シーズンが始まって欲しかったグッズが時代遅れになってしまうので買いそびれてしまう,ということが続いています。

 言うてる間にプリキュアも卒業するお年頃になるんでしょうけど,1回くらいは何か買ってやってもいいのかな,なんて思ったりしています。

 まぁ,きっといつものとおり,しばらくしたら飽きてほったらかしになりそうやけど…

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪