先日,スタバの「1996ブレンドとスターバックス®アニバーサリーブレンド」を手に入れたときにおまけでもらった「ハシエンダ アルサシア®」を試すのをすっかり忘れていて,今朝,引き出しから見つけたので,いかんいかん,と飲んでみることにしました。これも,いつものボダムのフレンチプレスでいただきました。

一口飲んでの印象は,まろやかだな,というものです。若干,豆の量に対してお湯が多かったような気がするので,薄く感じたのですが(個人的にはアメリカンタイプが好きなので,これはこれで大満足です。),コクや酸味より真っ先に,あぁ,まろやかな柔らかい感じが口の中に広がるなぁ,という印象でした。

スターバックスの自社農園で栽培されているそうで,初の自社農園から提供する豆のようです。かなり力を入れて出してきた,ということなんでしょうね。

さわやかなシトラスの風味にミルクチョコレートのような余韻のある、穏やかでバランスのとれたコーヒーです。
コスタリカにあるスターバックスの自社農園で栽培され、日本上陸20周年を記念して、シアトル以外で世界で初めてお楽しみいただけます。

生産地 ラテンアメリカ
加工方法 水洗式
キーワード CITRUS(シトラス)/SPARKLING ACIDITY(はじけるような酸味)
風味 酸味:MEDIUM/コク:MEDIUM
相性のよいフレーバー シトラス,ココア,ナッツ

シトラスの風味は,おそらくもうちょっと多めに豆を入れたら感じられるのかな,という気がします。ミルクチョコレートのような余韻,まさにこれがまろやかさを感じる部分ですね。万人受けする飲みやすいコーヒーだと思います。

後で家内がアイスにしてみたらしいのですが,アイスにしたほうが美味しいのかな,と言っていました。どちらでもいけそうですね。

まだまだ出たところなので,しばらく店頭に置かれていると思います。先日のアニバーサリーの豆がなくなって,まだ売っているようであれば,次はこの「ハシエンダ アルサシア®」を買ってこようと思います。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪