キームンクイーンズホープ

先月半ばの静岡出張中に,ちょうどルピシアから新作のブック・オブ・ティーの案内が来たので,3月3日の結婚記念日に合わせて,家内に日頃の感謝を込めて,ブック・オブ・ティーを予約注文しておいたのでした。

それが昨日,ようやく届いたので,今日は早速美味しいお茶をいただくことにしよう,ということでみんなで好みのお茶を飲むことにしました。

ブック・オブ・ティーの中味がまた春らしくていい感じなのですが,それはまた後ほど改めてご紹介しますね。


キームンクイーンズホープ

KEEMUN QUEEN’S HOPE

【キームン・クイーンズホープ】は、中国紅茶の代表格、祁門紅茶のブレンドです。「女王の希望」の名前は、英国民が愛してやまない紅茶の元祖が中国紅茶であったことから。この上なく甘美で豊かな味と、蘭の花にもたとえられる華やかな香りが優雅なひとときを演出します。

キームンといえば,そのスモーキーな香りが好みが分かれるところですが,自分は学生の頃からこのお茶が大好きで,その独特の香りと味わいのキームンの余韻が大好きなんですね。

今回の,このキームン・クイーンズホープは,うまくブレンドしてあるようで,キームン独特のあのスモーキーさがかなり抑えられていて,香りが豊かだけれども,とっても軽やかな味わいの紅茶に仕上がっています。

今回の「ブック・オブ・ティー ベル・エポック」は30種類のお茶のティーバッグが30種類入っていて,このキームンは1つしか入っていないのですが,こんなにおいしいならこれを1パック買ってみてもいいな,と思いました。

キームンと紅茶シフォン

先週末に森ノ宮のキューズモールに行った際,キャリーアンで買ってきた紅茶シフォン,そろそろいただかないと,と思っていただいたのですが,まだまだふんわりと柔らかくてとてもおいしかったです。

シフォンはやっぱり紅茶かな。おいしいお蕎麦の後に,おいしいデザートもいただけて,今日は幸せ気分満載でした。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪