焼津に来ております。日本人なら大抵の人は,やっぱり魚だろうね,と思いますよね。私もそう思います。海の近くなんだからやっぱりおいしい魚を食べたい。

 大阪にも海はありますよ。ありますし,魚も取れるけど,あのどぶ川みたいな色の海を見たら,なんというか,魚食べてるなぁ,という爽快感はあまりないです。

 いや,太刀魚とかおいしい魚はいっぱいあるんですよ。悪く言うてるみたいですけど(言うてるやないか!),やっぱり大阪の海は,「悲しい色やね」(上田正樹)で歌われるようにさよならを捨てに行く場所でして… 適当な思いつきはもう止めておきます。


ホホ肉ステーキ丼

 話は元に戻って,ほほ肉ステーキ丼,まぐろのほほ肉を使ったこってりしたピリ辛ソースを絡めて焼いた丼です。

 今回は,近所の小川港魚河岸食堂さんのテイクアウトにチャレンジしてみました。

 他にもうまそうなメニューがいっぱいあったのですが,やっぱり生ものはテイクアウトが無理で,揚げてるか焼いてるのが基本になると。それは食中毒とかあるししゃあないな,ということで,ほほ肉使ったのならなんでもいいよ,と同港のスタッフに伝えて,買ってきてもらったのがこれでした。

 ごはんのうえにきざみのりが散らしてあり,その上に焼いたほほ肉が5〜6切れかな,それくらい載っておりまして,そんなに量がないかな,と思ったけれど,意外とボリュームがあってごはんが進むうまいおかずでした。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪