ファンタジーキャッスル

ピカチュウの大行進とダンスを観た後,お父さんとしては長女が大好きだったサーカス,ファンタジーキャッスルのアトラクションにすぐ連れて行きたかったのですが,今日に限ってあまりサーカスは乗り気ではなかったようで,先ず「どうぶつハグハグたうん」という動物と触れ合えるところに行くことになりました。

カピパラやゾウガメ,アルパカやふくろう,犬や猫など餌をやったり,触ったりできる動物がいるのですが,これが結構楽しくて,子供的にはキャベツやにんじんを短冊に切ったのをやるのがなかなかに楽しめるようです。

以前にも次女とともに来て餌をやったりしたことがあったのですが,長女の今日の一番行きたかったところはここだった模様。次女に邪魔されることなく動物と触れ合えてよかったみたいです。

びっくりしたのがアルパカで,あれって結構でかくて,目線でいうと,身長174cmある自分とほぼ同じなんですね。当然,娘からしたら見上げるような高さになります。

それがですね,こいつ餌持ってる,となると,結構な勢いで走ってくるので,食われることはないとは分かっていても結構怖い。

娘はびっくりして物陰に隠れていましたが,自分もこのままだと何をされるか分からんという得も言われぬ恐怖を感じたので,一つ前のところに戻って,間の木戸を閉めてロックしました。

顔だけ出してるアルパカなら怖くない,ということで,その状態で餌をやっていた長女でした。

アルパカ,パッカパッカ,ちょっとオカピ〜,という歌がおかあさんといっしょで流れていましたが,あんなのんびりした感じではないですね。猛進してきます。

その後,2階に上がったら,ちょうど動物のショーが始まるところで,ステージで司会をしている飼育員のお姉さんのかけ声で,結構向こうの色んな動物がいる辺りにいる飼育員さんが連れてきた動物が走ってきたり,飛んできたり,何もつけずにやってくる様子を観て,訓練されてるから大丈夫だろう,と思いつつも,これもまた結構怖いな,と思いました。

その後,色んなアトラクションに乗り,遅めのランチはポムの樹でオムライスを食べたりしたのですが,今回のメインではないのでちょっと省略します。

途中,近くに寄ったので,ファンタジーキャッスルに行ってきました。

ファンタジーキャッスル

何とも古ぼけた感じで,写真よりもずっとくすんだ色合いで,歴史を感じさせるアトラクションです。

中の人形も,正直なところ,今時こんな古めかしい人形はNHKでも出さへんで,と思うような,若干怖い感じがするものなのですが,長女はこれが大のお気に入りで,怖いと言って嫌がる次女を置いて,1人で何回も何回も乗ったりしていました。

今回は他にも乗りたいものがいっぱいあったのであまり関心は高くありませんでしたが,もう最後やで,来週にはなくなるんやで,と言うと,残念そうにして,じゃあ行く,と行ってくれました。

このトランペットの音も聞き納めか,と思うと,ちょっと寂しいですね。

今日は1回しか乗らないのかな,と思っていたのですが,閉園間際,ギリギリ最後の最後でもう一度乗ることができて,出てきたときには終了の案内が出ていたので,最後に乗れて本当によかったな,と思いました。

次はどんなアトラクションになるのか分かりませんが,きっとお化け屋敷がモダンなアニメチックな感じになったのと同様,今時の子供受けしそうな感じになるのかな,という気がしています。

おとぎの国の人形サーカス

お城の中はヨーロッパからやってきた人形のサーカス団がお出迎え。かわいいトロッコに乗って、約50種類の動物たちとピエロの部屋を進んでいくよ。家族みんなでおとぎの国に出発だ!
※4/23(日)をもちまして営業を終了いたします


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪