今日は朝から嫁がフェイスペイントの仕事でひらパーに出かけていたので,涼しくなった頃を見計らって,長女と次女を連れて,ひらパーまで行ってきました。

ちょうど1年前の秋分の日に年パスを作ったのですが,その後,春に枚方から引っ越してしまって,それまでのように気楽にひらパーに行くというわけにはいかなかったのですが,今日はお迎えを兼ねてちょっと行くのにいいな,と思って出かけた次第です。

ちょうど3時くらいにひらパーについて,すっかりハロウィーンモードになっている正面ゲートを抜けて中に入ったら,なんや「ONE PIECE」のイベントで園内に色々と隠してある暗号化何かを探し回る人が多いな,という感じだったものの,そない混んでいる,という感じでもなく,ちょうどええ時間帯に来たなぁ,という感じでした。


仕事をしているお母さんに差し入れを持っていった後,気になったらそれ一直線な姉を何とか抑えつつ,まだ言うてもあまり分からない次女の手を取って,バギーを押しながらあちこち回りました。

メリーゴーランドやアンパンマンのエアーマット(中に入ってポンポン飛び跳ねるやつ)などは関心が一致したものの,ちょっと古くさいサーカスやお化け屋敷といった陰気くさい乗り物は,姉は行く行くというものの,妹はかたくなに拒否していました。お化け屋敷は一緒に入ったけど,途中でギャーっと言うてたしな。

年齢的に難しい乗り物はやむなしですが,後の一緒に乗れそうなものは基本的に一緒に乗るようにして,最後はカチンコチンという冷凍庫になっている建物に4回も5回も入ってキャーキャー言いながら楽しそうに過ごしていました。

帰り道,長女が,今日は楽しかったね〜,と言ってくれたのは本当にうれしかったです。

ただ,その後,お母さんが上がるのを待っているときに,私が自分の妹とMacのことで電話で話をしているときに,車の後ろの席で妹だけが持ってきていたiPad miniを取り合ってベチベチ叩き合っているのに,ちょっとイライラすることが続いていたのもあってつい大声でどやしてしまい,ふと気がつくと,長女が泣きながら左のほほに描いてもらったフェイスペイントの猫を乾いたウェットティッシュで一生懸命拭き取ろうとして真っ黒けにしていて,なんでそんなことするん?と聞くと,怒られたから消さないといけないと思った,としゃくりながら言うのを聞いて,あぁ,せっかく楽しい気持ちでいっぱいやったのに,自分の大人げないひと言で台無しにしてしまったなぁ,と激しく後悔したのでした。

その後,お母さんに抱っこされて寝入ってしまった長女ですが,帰宅して,寝かしつけのときには笑顔が戻り,あの時のお父さん,ほんとうに怖かった,と笑いながら言ってくれたときは,ちょっとだけ救われた気がしました。

長女に大声を上げるのはこれで2度目ですが,毎回後悔するんですね。まだまだ自制ができないんやなぁ,と恥じ入るとともに,こうやって我が子との関係の中で自分も育てられているんやなぁ,と思った1日でした。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪