さわやか? げんこつハンバーグ? 肉の塊っぽいのにさわやかなの?

 そのように思われるのももっともだと思います。さわやかじゃなくてこってりちゃうの?という感じですよね。

 以前,「秘密のケンミンSHOW」で採り上げられ,何これ,中が生焼けやん,と思ったのですが,前回浜松近辺に出張で来た際に寄せさせていただいて,全ての考えを改めるに至った次第です。


げんこつハンバーグ

 今日は藤枝市の藤枝築地店にお邪魔しました。

 すでにお店の外に肉の焼ける香ばしい匂いがするのですが,お店に入って先ず目に入る厨房のガラス張りのグリル,そこで砲丸投げの玉か?と見紛うばかりの巨大な肉の塊がでんと置かれて焼かれている。

 とりあえずお勧めというげんこつハンバーグをお願いし,しばし待つことに。

 その間に,ナイフフォークが運ばれてくるのですが,その中にどう見ても普通に使うんじゃないだろうな,という特大のギザギザのついたナイフ(というか包丁だな)とさすまたのような巨大フォークがあります。

 これ,実は運ばれてきたハンバーグを半分に切り,熱々のプレートにジューッと押しつけるためのものなんですね。

げんこつハンバーグ

 そのハンバーグですが,げんこつというだけあって,本当にげんこつくらいあります。いや,私のげんこつよりでかいな。人より大きな手をしてるんですけどね。

 お肉は牛100%ですね。中はたしかに赤いんですけど,炭火の遠赤効果で熱は通ってるそうです。で,目の前で切って,赤い部分をジューッと押しつけてさらに焼いていただける,という。

 今回,2度目の(厳密にいうと,前回の浜松近辺の出張で3回行ったから都合4度目です,それくらいはまりました。)さわやかでしたが,お手頃価格でボリュームがあるし,香ばしくて肉汁たっぷり,うまい肉を食ったって感じで,食べ終わったときの気分が本当にさわやかなんですよね。ものすごい爽快感,明日からまた頑張ろうってそんな感じになります。

 ここのハンバーグを食べたら,よそのはちょっと食べられへんなぁ,と個人的には思っています。

 残念ながら,静岡県限定なので,大阪で食べることができないんですよね。大阪にもできないかなぁ,と心から思います。

 あの長澤まさみさんも大ファンとのことで,地元の磐田本店に前回寄ったときは,もしかしてここに座ったんか,とかしょうもないことを考えながらいただきました。

 静岡にいる小学校の同級生も,こっちに来たらぜひ行ってみて,と言ってくれてたのですが,行ってよかった,ほんとに。

 ソースは2種類ありますが,やはりたまねぎソースが圧倒的にうまいです。

 あと,意外なところで,味噌汁もうまいです。これはつけていただきたいところですね。

 今回の静岡出張,最終日もさわやかで気分よくさわやかになって大阪に戻ろう,と考えているところです。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪