今日はくずはモールで,去年まで長女が通っていたダンススクールの発表があるというので,13時からと聞いていたのでその時間に間に合うように出向いたのですが,出番が15時からというので,先にデリスのタルトを食べてきました

時間まで館内をぶらぶらして,お世話になったインストラクターの先生や今日出演する当時のお友だちへの差し入れを買った後,時間に南館の「SANZEN-HIROBA(さんぜんひろば)」に出向いたら,待機しているインストラクターの先生がそでにいてはったので,先ずご挨拶したのでした。

インストラクターの先生に手を引かれて長女は,そでで待機しているお友だちに挨拶に行っていました。


枚方から大阪市内に引っ越してからは,ダンスのことは一切言わなくなり,関心がなくなった長女ですが,久しぶりにダンスのお友だちと会ってまたやりたいと言うのかな,と思ったら,やっぱりもういいと言ってました。まぁ,お父さんと同じで飽きっぽいところがあるからなぁ。

長女が去年,ダンスを披露したのが2月の28日でしたが,ちょうど1年ぶりに見ると,生徒さんが増えていて,当時のお友だちも一回り大きくなってしっかりしていて,やっぱり1年経つと全然違うなぁ,と思いました。

久しぶりのダンスの様子を見て,去年,長女がセンターで(当時一番背が高かったからだと思います),途中,音響が切れてちょこたりしながらもすぐに立て直して踊っていたのを懐かしく思い出していました。

今年は発表の後,観に来ている子供たちも参加しての体験ダンスというコーナーがあって,恋ダンスの一部をサッと習って踊ったのですが,完璧主義の長女は覚え切れてないのが納得いかなかったようで,こんなんじゃ踊れないって感じで突っ立っていました。

逆に,楽しければ何でもいいじゃんって感じで,次女はわけが分からないなりにぴょんぴょん跳びはねて楽しそうにしていました。

発表が終わって,その後,差し入れをしてみんなといっしょに記念撮影をしたりした後,チアリーダーのダンスがあったのですが,その体験に次女がガンガン入り込んでいて,訳も分からずあちこちうろうろしたり,前で見本を見せているお姉ちゃんたち1人1人に声をかけてまるで「頑張ってる?」みたいな感じで話しかけたりしていて,この先どうなるかは分かりませんが,次女は親分肌なのかなぁ,なんて思ったりしました。

その後,エレベーターホールで1人用トランポリンで次女が飛び跳ね,長女は初めてのセグウェイ(らしきもの)を結構いい具合に乗り回し,やっぱりどっちも運動神経はいいんやなぁ,その辺りはお母さん似やね,と思った次第です。

公道を走ることができないセグウェイなので,買っても気軽に乗れませんが,その内広い敷地を確保して乗れたらいいな,と思います。

夏によく行く宮津旅行で,近くのあじわいの郷でもセグウェイの体験乗車があるので,今年は長女といっしょにチャレンジしてみようかな,と考えています。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪