5歳になった長女は,最近はあれこれと大人がやることを真似したいお年頃。

 あ,わたしがやる,とあれこれ手伝ってくれたりします。手伝いになってないことも多いけど,手伝おうと思うことが大事ですよね。

 最近はキッチンに入るのもお気に入りのようで,お母さんが料理をするときに,自分も流しの前に立って,あれこれ食材を切ったり剥いたりするのがブームのようです。


 一昨日,大家さんがやっている畑の野菜の直売で冬物の野菜をたくさん買ってきたのですが,その下処理の合間にシチューを作るというので,頑張ってじゃがいもの皮むきを手伝っていました。

 包丁を使うのではなく,ピーラーを使うのですが,手をちょっと切ったりしつつ,割ときれいに剥いていたので,なかなか器用やないか,と思った次第です。

 親として,特に女の子ということで,怪我したらあかんがな,とはらはらしてついつい危険なものは自分がやろうとしてしまうのですが,実際に自分であれこれやらせてみて,これはこうやったら怪我をする,というのは経験として学ぶ必要があるし,そこは手を出したいのをグッと堪えて本人に任せています。

 とはいえ,自分と同じであれこれ気になる飽きっぽい性格なので,ちょっと手を切って絆創膏貼らないと,となったらそっちが気になってしまい,結局皮むきの仕上げは自分がやることに。

 本人としては,お父さんが手伝ってくれた,というのでそれもまた嬉しかったようです。
 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪