引き寄せの法則の実験の1つです。

 「お金の大嘘」の命題には2つの実験があり,これは1つめの実験に続く3日間,72時間の実験です。

 お金の関する思い込みをさらに大胆に変えてしまい,お金は簡単に手に入る,ということを検証しようというものです。


 具体的には,どこでもいいので,ひたすら1円玉を探す,ということをします。

 イメージとしては,1円玉を見つけるというより,自分の力で1円玉を出現させる,という感じだそうです。

 1円玉が見つかったら,まるで宝くじの1等が当たったかのように大喜びして大騒ぎをする。これによって,1円玉が見つかったことではなく,お金を出現させたこと自体を喜んでいると宇宙のエネルギーに思わせて,善悪を判断しない宇宙のエネルギーにお金を出現させる,お金が簡単に手に入る状況を当たり前と思わせる,というのがこの実験の趣旨とのことです。

 感覚としては,子どもから見た,おもちゃを買ってくれるお父さん,みたいな感じでしょうか。自分がおもちゃを手にして大喜びしたら,お父さんも気分がよくなり,じゃあもっと買ってあげよう,となるような感じですね。

 宇宙のエネルギーは,お金を見つけて大喜びしているのを見て,そんなに嬉しいんならもっと出してやろう,ということになるそうです。打ち出の小槌みたいやな。

 実験結果ですが,残念ながら1円玉は見つけることができませんでした。

 出張中の仕事が忙しくてあまり外に出ることができなかったというのもありますが,やはり見つけようという気持ちがもっと強くないといけないんだろうな,と思います。どこかで無理だろうな,と思ってたらいけないんでしょうね。

 それほど,自分自身の中でお金に対する捉え方,お金は限られたもので手に入れるのは大変,という思い込みが固いということだと思いますが,もっと気楽に,お金に対する思い込みを変えていかないとな,と思いました。

 ただ,1円玉を見つけようとうろうろしていたときは楽しい気分で,そういう意味では充実した時間を過ごせたと思います。

 


♪♪シェアしてあとでチェック♪♪